少女漫画のエンディングは明確で、好きな人と結ばれたり、結婚したり。

その先を連載し続けるのが難しいのは、惰性になるから。

一番楽しい時期は中高生で、恋に落ちてなんやかんやあって結ばれるまでに全神経をすり減らし、その後燃え尽きる。

一方少年漫画は、一人敵を倒したらまたすぐ次の敵が出てきて、しかもその敵は前の敵より必ず強い。

その繰り返しでどんどん自分が強くなっていく。もう続けようと思えばいくらでも続けられるっていう。


しかしながら現実はそういうものではなく、ゴールかと思ったとこからのが実は大変だったりして、

掃除したと思ったら洗濯が溜まってて、ようやく干したら洗い物が散乱してて、会社行ったらハネムーンはいつ?!早めに引き継ぎしてね!子供は?産休入るのはいいけどこっちも準備があるからね!?なんてプレッシャーをかけられ、

いやいやそもそも子供欲しいなんて一言も言ってないなんて口にしようもんなら親からバッシングを受けちゃったり?

次々産まれる周りの子供たちに笑顔振りまきながら心で泣いて、

その横を一心不乱にゴールへ向かって走っていく若い子たちのキラキラに嫉妬したり、趣味?そんなものもあったねーなんつって。

おいおい、そんなの少女漫画に描かれてなかったっつーの!

よっぽどこっちの方がダンジョンしてんじゃねーかと、旦那が持ってきたハンターハンター読みながら思ったっていうね。笑


次から次に襲来する敵を倒してたらとてつもなく強くなってって、最終形態が老害ババアとか泣けるよ?

それでもう一度あのドキドキを!ってたどり着いた先が昼顔とかアイドルとか韓流スターとか泣けるよ?


っていう思考が夜な夜な降りて来ちゃったもんだから、私またこれで卒論書けそうです先生。←Facebookで言って


でももう私には時間も気力も体力もないんや。これが社会人になるってことなんや。

って、今更気付いた社会人に7年目の春。

先生、私二ヶ月ごに31歳になります。←


ところで、次から次へと強い敵を倒してレベルアップしてった少年たちは、

ゴールするとどうなるんですかね?

描ききれなくて途中で息も絶え絶えな作者も少なくないですが。

と、今年定年を迎える父を見て思ってみたり。


とりあえず、またしんどくても億劫でも自分の物語に戻ります。


なんつって。